BLOG

天然ヘナとは!? 応用編 【色味】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

 

 

 

 

 

寒いっ!!寒すぎる!!

( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

 

雪も降る降る!!

 

 

 

 

 

 

もう成人式も終わり、1月も下旬に差し掛かりますね!!

 

 

 

 

 

 

そして、大通公園も着々と雪まつりの準備が進んでおります!!

 

 

 

 

 

皆さんは雪まつりは行きますか!?

 

 

 

 

 

 

私は去年の雪まつりは久々にユックリ息子と見て回りました!

(°▽°)

 

 

 

 

最近の雪まつりは、映像と音楽とのプロジェクションマッピングなどがあったり、少し昔とは違うのかなと思います!

 

 

 

 

 

行かれる方は、寒いので風邪ひかないように完全防備で行きましょうね!!

(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは!サンク札幌店の大坪です!

( ̄^ ̄)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

さて今回のブログは、また少しヘナについて書いていこうかと思います!!

 

 

 

 

 

 

今回はヘナの色味についてです!

 

 

 

 

 

 

 

色味については、過去のブログでも触れていますが今回は復習も踏まえ、少し崩した話しもできたらなと思います!

(`_´)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

まず、基本的な事から!

 

 

 

 

 

 

当店でのヘナメニューは、ヘナ・インディゴの2つを使用して行っております!

 

 

 

 

 

 

 

基本ヘナメニューでは、黒髪は明るくしたりできません。

 

 

白髪の部分に発色します。

 

 

 

 

 

 

 

何色に??

 

 

 

 

 

 

 

オレンジです!!真オレンジです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、オレンジが気になる方などもう少し暗く濃くしたいと言う方は、ヘナを塗って一度すすいで、更にインディゴを塗る2度塗りをしていきます。

 

 

 

 

 

 

そうすると、オレンジの色味が消え濃い色味になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか??

なんとなくお分かりいただけましたか!?

(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの方法以外には、はじめからヘナとインディゴを混ぜて塗る方法もあります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方法は、ヘナとインディゴの配合の比率によって色味が変わるのですが、先程お伝えした2度塗りよりも染まり上がりが少し薄目の仕上がりになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでが基本的な塗り方、色味になります!

 

 

 

 

 

 

 

ヘナというのは、黒髪が明るくなることはないので白髪が多ければ多い程、少し仕上がりの色味が明るくみえます。

 

 

 

 

 

というのは髪質、染める前の白髪の率、既に普通のヘアカラーで染めていた明るい色味が残っている状態であったり、染める前の髪の状態で染まり上がりは違います。

 

 

⬆️

ここ、結構大事です!(^^)/

 

 

 

 

そして、はじめに白髪の部分に発色するとお伝えしましたが、勿論黒髪の部分にも色味は入っておりますが、ほぼ目立ちません。

 

 

というのは、黒い画用紙の上にオレンジのクレヨンで線を引いてもあまり分かりませんよね??

それと同じ事が髪の毛でおきております!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここからは応用編です!!

(^∇^)

 

 

 

 

 

 

ヘナを染めたら、また次ヘアカラーを染めたりできないの!?

という質問があります。

 

 

 

できます!!

 

 

 

 

 

ただし!

 

 

どんな色味のカラーでもできるのか!?

いえ、それは難しいです。

 

 

 

 

 

 

ヘナを染めた色味に近い色を染める!

 

 

 

これが1つの方法です。

 

 

 

 

 

ヘアカラーはヘナと違い、明るさ色味がチョイスできますので、ヘナを染めた色味に近い色味のをチョイスして染める方法です!

(^^)

 

 

 

 

 

 

その他に、ヘナで染めている髪の毛を明るくしたい!!

 

 

 

 

という声を聞く事があります。

 

 

 

 

 

答えはできます!!

 

が、しかし!!

 

 

これも、できる範囲が決まっています!

 

 

 

 

 

まず、ヘナを塗った髪は明るくなりづらいです。

 

ヘナをした髪の毛全体に、明るいヘアカラーを塗ったとしましょう。

 

 

普通に塗っただけだと、ほぼ色むらになります!

( ̄∇ ̄)

 

 

 

 

そんな時には!

明るいヘアカラー剤をハイライトで入れるんですねー。

 

 

ようするに髪全体に染めるのでなく、明るいカラーを塗る髪の毛と塗らない髪の毛を作るんですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその上からヘナを塗る!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると、明るいカラーで塗った場所が髪全体的に馴染み、明るくなった印象にできます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、もう一つ!

 

この明るいカラーを使ってハイライトをするやり方は、ヘナ単品で普段ヘナをしている方がおすすめです!

 

 

 

 

 

 

ではヘナとインディゴ、2度塗りをしている方は??

 

 

 

難しいです!!

 

 

 

 

難しいとは、できなくはないのですが、ご希望のお色に仕上げる事が難しいという事です。

 

インディゴで染めた髪の毛は、ヘナ単品で染めた髪より色素がしっかり入っている為、脱色(明るく)しにくいのです。

 

明るくしたとして、その時の色味も少しアッシュ感、マッド感が残っていたりする事が多いです。

 

 

 

 

なので絶対的に明るくできないとは言えませんが、ご希望のお色にしにくいという事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか!?

 

 

 

少し長くなりましたが、なんとなくご理解いただけましたか!?

(^o^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

応用編でのちょっとしたポイントとしては、、

 

 

 

100%天然ヘナ、インディゴで染めた場合、髪の毛のダメージは0(ゼロ)です!

 

ですが、今お伝えした応用編のやり方は、ヘアカラーを使用しますので髪の毛への負担はかかります。

 

 

 

ハイライトをする場合は地肌にヘアカラーをつける事はありませんので、カラー剤で染みるというのはありません。

 

ですが、カラー剤の中に含まれているジアミンという成分に反応してしまう事が0(ゼロ)ではありません。

 

 

 

⬆️

ここも大事なポイントです!(^^)/

 

 

 

 

 

ヘナとは色々なやり方がありますが、その人にあったやり方というのもありますので、もし質問やご相談などありましたら、なんでも結構です!

是非ご相談下さいね!

(^∇^)

 

 

 

 

 

 

 

CINQ札幌店 店長 大坪 郁

 

CINQでは天然ヘナをはじめ、最高級の商材のみを使用し、お客様の将来にわたる髪と健康に責任を持ちます。